沖縄県離島間(宮古島・石垣島・与那国島)の出張について

私は沖縄県の観光を促進する仕事に従事しています。

仕事柄、沖縄県の離島へ出張へ行く事が多く、飛行場やフェリーを利用して移動します。
昨年度に毎年恒例で行われる連絡会のため、宮古島、石垣島、与那国島の3つの島をはしごする弾丸出張がありました。
出張者は課長とチームリーダー、直属の上司、先輩、私の5名で、連絡会関係者へのアポ、航空券や宿泊先の予約手配など全て私が行いました。

この出張は、那覇空港から宮古島空港へ飛行機で移動し宮古島で一泊、翌日に飛行機で石垣島に移動し石垣島で一泊、翌日の朝に飛行機で与那国島へ行き連絡会参加後に与那国島で一泊し、翌日の便で那覇空港直行便で戻るという行程です。細かいのは、与那国島への連絡会は5名のうち特定の2名のみ参加の予定で、残りの3名は石垣島から那覇空港へ帰るという予約をしなければなりませんでした。

航空券の手配は、すべてJALの法人デスクを利用しました。このサイトは航空券の選択が非常にスムーズに行う事ができ、料金の設定がたくさんあり重宝しています。早めに予約をすると割引でチケットを購入する事ができるため、予約は早めに行なうようにしていました。
また、JALの法人デスクの良いところはJクラスのシート席を普通シートの料金と同じ価格で購入できるところです。席が非常に広く、快適な空の旅を送る事ができます。

この連絡会の時期は、沖縄の観光シーズンである夏に重なる事が多く、希望していた時間帯の航空券が満席でとれない便もありました。
宮古島と石垣島のは便数が比較的多く、連絡会の時間帯に合わせて予約をする事が出来ましたが、問題は与那国島へ就航する便が一日一便しかない事です。連絡会の時間帯にも合わず、早く帰らなければならない忙しい時期に与那国島に1日足止めされるような形になりました(もちろん与那国島でしか出来ない仕事を詰め込みましたが)。
また、離島内での移動手段はレンタカーを予約しましたが、その予約で使用したのは「楽天トラベル」を利用しました。車種や予約日時の設定が簡単なことに加え、宮古島・石垣島・与那国島それぞれの島での予約の取りまとめを1つのサイトで出来るのは非常に便利でした。

今回は、途中で沖縄本島に帰る班があったり、希望した便が取れず、やむなく取った航空券の時間と連絡会の時間の兼ね合いなどがかなり複雑だったため、あらかじめ各自の日程表を作成してから、予約の手配にとりかかりました。搭乗予定の飛行機の便やフライト時間なども記載したため、非常にわかりやすかったです。